契約書上の特約

借り主が敷金返還請求をしても、貸し主のほうで原状回復義務の名目で畳替えや壁紙の張り替えクリーニング等で敷金と相殺してしまうケースが多いのです。確かに、人間が住んでいるのだから長い年月が経つにつれ建物も傷むのは当然ですし、永く使うためにはある程度のリフォームや手を掛けてやらねばならぬ時もあるでしょう。そこで、法律上はどうなっているかといえば、契約書上の特約として定められていない限り年月経過による自然な汚れや傷みに関しては、借り主に原状回復義務はないことになります。つまり、敷金を全額返済してもらえるということになります。ただし、借り主の不注意による汚れや傷みについては、借り主の原状回復義務があることになります。つまり、具体的に言えば、永年住んでいて壁紙や畳が汚れたからといって、退出する時に張り替えをするための金員を敷金から差し引かれるいわれはないということになります。また、反対に、畳にたばこの焼け焦げをつくってしまったとか、コーヒーなどの飲み物をこぼしてしまってしみができてしまった場合は、借り主に原状回復義務が生じることになります。ご自分の住宅の賃貸契約書を見直して、特約が付いているかどうかをまず確認してみることです。